ナリワイ

今日誕生日を迎えた旦那様は、高校時代からひたすらドラマーとして生きてきている。それのみで食べて来られた時期もあった。
ひきかえ私はというと、就きたい職業とは全く無縁の家業を継いで今まで来た。

母の突然の死をきっかけに20代で家族と会社を起ち上げる事となったが、利益は出ないもののそれなりに楽しみながらまあまあ成り立ってもいた。
しかし果たして望んで就いた仕事かというと大いに疑問で、どこかでそれを抱えて生きてきた。

目指していたものを中断して東京から呼び戻され、いきなり一店舗オープンさせられたのが二十歳の時だったので、良いも悪いもわからず走り続けてきた。
そして一生このままこの仕事で終わるのものだと、なんとなくあきらめ半分で現実を受け入れていた。6年前のあの不測の事態が訪れるまでは・・

11月にはつる。(弟)が空の向こうに逝ってしまって丸6年になる。いわゆる七回忌という節目の時がもうすぐやってくる。

デザインモック

3年前から地味~に動き始めた私の「好きなことを生業にする計画」は頓挫しながらも、日記には書かずじまいながら水面下でそれなりにスキルを磨いてきたつもりだった。

(↑ロゴも描きますよ)

しかし途中さらなるトラブルにみまわれ、自分の健康も損なってしまってその計画はなかなか進まない。
時間だけが無情に過ぎて焦りが募るばかりだが、今年こそは何とかしなければ!

Q-ZUと私のこと
HINA-GOをフォローする
Sponsored link
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
あーぶの森

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました