結婚10年の錫(すず)婚式を迎えました

今日で入籍して10年という節目を迎えた。
私達はいわゆる「結婚式」というのを行っていないので、「入籍」を以ってカウントしているわけだけど、「〇〇婚式」って一般的にもそうなのだろうか?

これまでの10年に思うこと

前にも書いた、「10年」が長いのか短いのかはその捉え方で随分印象が違うけれど、少なくとも私にとってのこの10年は重く深く重要な10年だったことは間違いない。

一般的にはイレギュラーな出来事だらけで書き尽くせず、
それなりなピンチもあったけれど、主人から頼られる瞬間も見せられては立ち止まり、
一緒に解決する以外は方法がないことを知った。
周りの人たちからも沢山の助けを頂いた。

主人の体の状態が不安定だった時期は五里霧中となったが、健康を取り戻すことで状況も関係性も変化が起きた。

よく「時間が解決する」とは言うものの、その時間をただ過ごすだけじゃなく、諦めず、自分を失わず、相手も失ってはいけないことが大切なんだと思う。

男女問わず素直な生き物に好かれる

これからの10年に願うこと

末永く一緒に過ごしていくつもりだが、さしあたってこの先10年程度のビジョンを考えてみようかな。
ちなみに結婚20周年は磁器(じき)婚式と言うらしい。

これからの10年もけもの道以外は想像しがたい。
それをいかに楽しく健やかに過ごすことが課題でもある。

いつものように「大風呂敷」を広げて具体的な課題を羅列してみよう。

店舗改修

  • 犬エリア(ドッグカフェ含む)から優先的に改修。
  • スタジオ周りも必須。
  • ラタンをブックカフェ化・シェアスペース化。
  • いさわやとラタンのドッグカフェの合理的併設。
  • etc

うぅむ、書くほど簡単に行かないだろうし、「etc」がくせ者である。

運営サイト

うぅぅぅむ、こっちも一筋縄では解決しなそうだから、スタッフ探さなきゃ。

一部のサイトはサーバー引っ越しが10月末には完了。
加速させて頑張りまっせ!

結婚記念日が来るたびに主人にからかわれる「還暦に披露宴」話

ここまで修行のような内容を羅列してしまったので、前々からの希望を書いてみる。

結婚式が「必要ない」と言ったのは私からだった。
当時からそんな状況ではなかったし、50歳に手が届こうという自分には照れくさいと思っていた。披露宴への熱い想いは「女子」特有のもと信じていた。
でも結婚当初こんな中年オンナでも心の端にそれがあったのか、「私が還暦になったら(それまで一緒にいたなら)結婚式して」とお願いした記憶がある。

その後、1年1年結婚生活が続くたびに主人から「還暦に披露宴」の話を持ち出されからかわれ、いつしか「そう、赤いウエディングドレス着るの」と返すようになった。

そんな会話を繰り返すうちにその「還暦」が目に前に!
今日を迎え、それもまんざら悪くないと思えた私がいた^^
って本気で「60歳が赤いウエディングドレス」着るつもり!?

いずれにしてもお互い元気でいることで叶うこと。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました